スエーデン刺繍

ヴォーグ学園での刺繍(資格取得クラス),新入生4人で始まりました。
ちょっと古めかしい感じの教科書にそって授業がおこなわれます。
先生もとても優しい方で,仕事を終えて教室に入る厳しさをみずからも体験しており,安心して学べる雰囲気でした。

最初は「フランス刺繍」と,勝手に想像していた予想は大外れ。
スエーデン刺繍にまず取り組みます。
みたこともない織り方の布を相手に,地ならしや中心をできるだけ正確に得る方法なども習いました。
c0067023_1154588.jpg

[PR]
# by gamzatti | 2005-04-17 01:15

手芸の会 ことは 2回目

本当は3月が2回目のはずでしたが,体調をくずしているときだったので延期していただきました。2回目のお題は,ランチョンマットとおそろいのコースターです。
前回,コースターを教えてもらってから,いっぱい作りました!
でも,今回はキルト芯を入れた作りになります。中で芯がうごかないよう,キルティングもするそうです。
c0067023_18342.jpg

[PR]
# by gamzatti | 2005-04-17 01:08

イギリス刺繍

月に一度,イギリス刺繍を習っています。
フランス刺繍とイギリス刺繍って,どこがどう違うの??
という質問は,この際なし・・ということで(笑)
私が直感的に思うのは,イギリス刺繍は,「シェードガーデン」の雰囲気があります。

ところで,私の通うイギリス刺繍のお教室は,1回4時間のコースになっています。
多少の休憩時間があるももの,8時間受講していく方もいらっしゃるようで,その集中力がうらやましい!
c0067023_193573.jpg

[PR]
# by gamzatti | 2005-04-17 00:49

手描き友禅

知り合いのお父様が,友禅の絵付けをなさっていることが判明。
よいものを身につける人が少なくなり,だんだんと仕事が減ってきているとか・・
あ~あ,専業主婦だったら,弟子入りするのに・・・
[PR]
# by gamzatti | 2005-04-08 06:58

まち針のお店を作りました。

かわいいまち針を作って,お店も作っちゃいました。
arabesqueです。買わなくてもいいので,見てね!
[PR]
# by gamzatti | 2005-04-02 19:21

刺しゅう科(資格所得クラス)に入ることができました。

市ヶ谷のヴォーグ学園のコースです。
金曜の夜なので,ベビーシッター対応でなんとかなりそうです。
月1~2回というのも嬉しいです。
希望者が多いということで,空席のできるのを待っていました。
なかばあきらめかけていたところで,「入学できる」とのお電話。
とても嬉しかったです。

半年ごとに進級して,2年半で「指導員」クラスです。・・・順調にいけば・・・
メニューには,「ハーダンガー刺しゅう」も入っているので楽しみ!
[PR]
# by gamzatti | 2005-04-02 16:59

コースターを作ってみました。

レースのブレードにビーズをあしらいました。
ひさびさにミシンで縫いましたが,返し縫いがうまくいかなくて,自分で布をくるっと回して返し縫い。原始的なミシンはこうやってたのかな・・と思いながら。
c0067023_99327.jpg

[PR]
# by gamzatti | 2005-03-21 09:09

BOUTISブチをご紹介します。

フランスに古くから伝わるブチ(日本ではブティと紹介されていることが多いそうですが,フランス語の発音ではブチの方が,雰囲気が伝わるそうです。)は,とても手間のかかる美しい作品です。2枚の布を合わせ,図案を引き,その図案をチクチク縫います。縫いあがった2枚の布の間にコードを通します。このコードがモコモコの模様を再現します。ベッドカバーや花嫁のペチコート,赤ちゃんのドレスなどの作品が残っています。
フランスにお住まいのEtsuko先生から,教えていただきました。
今年夏にまた日本でワークショップをなさるとのことで,ご連絡をいただいています。
c0067023_16381743.jpg

[PR]
# by gamzatti | 2005-03-19 16:38

ビーズ刺繍中級1回目の作品

中級は,一つの作品に対し,何度も指導を受けるようなシステムになっています。
その都度授業料をお支払いしますが,自分が納得いくまで,あるいは可能な限り低コストで進級することができます。
c0067023_16295026.jpg

[PR]
# by gamzatti | 2005-03-19 16:29

ビーズ刺繍初級の卒業作品

最初キットをいただいたときは,デリカビーズと小さいビーズの区別がまったくつきませんでした。でもでも不思議。何度も刺しているうちに,はっきりと違いがわかるようになったんです。
飲み物の味・・・では,そんな経験を何度もしています。たとえば,ハンドピッキングで自家焙煎のお店のモカをいただいて,「あぁ,これがモカの味なんだ~~」と感動するとか。
私は人一倍感覚の鈍い人なので,最初っから超感動するようなことって少ないように思いますが,それだけに「わかった」ときの感動はひとしお。

私はこの経験で,「ビーズとは一生付き合っていける」と大げさに思っちゃいました
c0067023_16244182.jpg

[PR]
# by gamzatti | 2005-03-19 16:26